暖かい毛布もございます

 

1月に入り本格的に気温が下がってきています。

鍼之助では常に換気扇を回し2箇所以上窓を開けて換気をしています。
そのため外気が下がっている状態では室温が上がりきらないこともあります。

特に午前中は外気温の低下に加えエアコンの稼働時間が短いので肌寒く感じられることがあります。

遠赤外線マットやグラファイトヒーター、遠赤外線ランプによる対策を講じてはおりますが、
施術中肌寒く感じられる場合には毛布がございます。

肌寒いと鍼灸治療によるリラックス効果や血液循環の改善効果、
ツボによるお身体の調整効果等が減少してしまう恐れがありますので、
どうぞ遠慮なくお申し付けください。