マスクにおけるコロナウイルスの減少効果

 

昨日のニュースでマスクをしている場合のコロナウイルス吸込み量に関する検証が、
東京大学医科学研究所などのグループで行われたとありました。

その記事によりますと向かい合わせで吸い込む側がマスクをしていた場合、
布マスクでは17%の減少、一般的なサージカルマスクでは47%減少とありました。「N95」と言う医療用マスクを隙間なくつけた場合は79%の減少効果が見られたようです。

飛沫を出す側にのみマスクをつけた場合には、
布マスクとサージカルマスクのどちらも70%以上減っていたようです。

どちらにもマスクをつけた場合の効果も見られたようですが、
ウイルスの完全な侵入を防ぐことはできないとのことでした。

 

当院では感染防止対策として、仰向けでの施術中はマスクを必ず着用していただいております。
うつ伏せの体勢では任意とさせていただいています。

また消毒以外に換気扇による24時間換気、
窓の開閉による換気(施術中も一部開けております)、
空気清浄機によるプラズマ放電(コロナウイルスの不活化が実証されました)
なども実施しております。

欧米では再び感染が広がっているようです。
日本でも少しずつ増えていますが、感染防止対策によってある程度抑えられていると考えています。

鍼之助では今後も継続して感染防止対策に努めてまいります。
当院にお越しの際はご協力の程よろしくお願い致します。