次亜塩素酸水が有効と確認されました

 

NITE独立行政法人製品評価技術機構の報告によると
次亜塩素酸水による新型コロナウイルスへの消毒は有効とのことです。

厚生労働省、経済産業省、消費者庁によって使用方法が分かりやすく
パンフレットとして発信されています。

拭き掃除には有効塩素濃度80ppm以上のものをひたひたに濡らして
20秒以上経過後拭き取るとのことでした。

またその際目に見える汚れなどはあらかじめ拭き取る(油脂、手垢など)

元の汚れがひどい場合は有効塩素濃度200ppm以上のものを使うことが望ましいと記載がありました。

 

当院では手垢、油脂の付きやすいドアノブ、、手すり、ハンガー、便座、ペン、枕、マット、スリッパ、脱衣カゴの蓋、使用器具などにはアルコール消毒をして参ります。

それ以外の消毒には200ppm次亜塩素酸水とアルコールによる消毒を織り交ぜながら使用して参りたいと思います。

モヤモヤしていましたがはっきり有効と認められたのでほっとしました。

 

パンフレットのリンクです
     ⬇️
https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626013/20200626013-4.pdf

「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項